*

交通事故防止には前向き駐車しない。タクシードライバーが注意していること。

公開日: : タクシードライバー

最近ではコンビニの駐車場を中心に、前向き駐車するよう促している所を見かけます。
ただ、交通事故防止の観点からすると必ずバックで駐車するようにしましょう。

バックによる事故発生の高さを知っておく

ある企業で交通事故を集計してみると、圧倒的に逆突事故が多いとのこと。

特に最近の乗用車はバックする際の死角が多いことを感じませんか?後ろのバンパーが縦に凹んでいる車をよく見かけます。

 

特にバック発進は避けたい

車を駐車するときは、駐車予定の位置を確認しながら通過し、バックで駐車すると思います。

それに比較してバック発進は、車に乗る前に後方を確認。乗車してエンジンスタート。死角が多い状態でバック発進開始。となりますよね。死角が安全な状態であることを確認してからバックを開始するまでに時間が掛かりすぎて、状況が変化するリスクが高まります。死角が多い方向に進む必要があるのなら、見えない時間をできる限り短くしたいのでバック発進は避けたいものです。

 

近隣住民への配慮と交通事故のリスクを比較

店舗の駐車場に長時間駐車する方が多いためか、「エンジンを切ってください」「前向き駐車してください」など、近隣住民への配慮を促す掲示板を見かけるようになりました。

趣旨は理解できますし、出来るだけ協力も配慮もしたいと思います。だたし、交通事故のリスクが高いバック発進はやはり避けたいです。個人的にはエンジンを切るなどの配慮はしますが、必ずバックで駐車します。

 

前向き駐車を強く促している店への対処

近隣住民への配慮から、前向き駐車を強く促しているお店を見かけます。前向き駐車(バック発進)には交通事故発生のリスクが高くなることを考えると、どう対処したら良いでしょうか。前述のとおり、趣旨は理解出来ますが高リスクを選択する位なら別のお店を探します。

 

コンビニの駐車場でバック発進する車を狙った当たり屋に注意

前向き駐車を促す場所が増えたため、増加しているのが、バック発進を狙った当たり屋。相手が前進で自分がバックだとすると余りにも分が悪いですよね。相手は確実に「自分はぶつかる前に停止した。」と主張するでしょう。当たり屋に狙われないことが賢明ですので、やむ終えずバック発進する場合には十分に注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

アドセンス

関連記事

交通事故防止には右折しない。タクシードライバーが注意していること。

48歳でサラリーマンからタクシードライバーに転職。毎日の運転経験と安全運転の教育受講などから事故を起

記事を読む

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドセンス

交通事故防止には前向き駐車しない。タクシードライバーが注意していること。

最近ではコンビニの駐車場を中心に、前向き駐車するよう促している所を見か

交通事故防止には右折しない。タクシードライバーが注意していること。

48歳でサラリーマンからタクシードライバーに転職。毎日の運転経験と安全

市川海老蔵 ジェイテクト 電動ステアリングメーカーのcmが気になる

今回(2016.8.11放送開始)のcmによりジェイテクトという会社を

ドムホルンリンクル 光対策のcmに出演している女性は秋定里穂さんでした

2016年6月より放送されていますドムホルンリンクルのcm「光対策素肌

ニベア 8×4 ボディフレッシュのバスケ少女は要注目の桜井日奈子さんですね

「Web限定 バスケ部・友情篇 フルver.」もupされている

→もっと見る

PAGE TOP ↑